第1回談話会レポート 2018年1月27日開催

1月27日武蔵野さくら倶楽部、第2回談話会を開催いたしました。今回は渥美先生がPCをお持ちになり、スライド写真や動画を見ながら、人工股関節手術について細かく説明を頂きました。

 

通常の診察では、時間の関係でなかなか聞けないような貴重なお話だったと思います。

以下、一部要点をあげます。

 

■人工関節は設置角度が大切。手術の際は入念に足を動かして脱臼しない角度や位置を確認特定して設置。

■感染予防のために、手術中に患部を頻回にジェット洗浄

■皮膚切開は10cm未満(肥満度や脱臼変形の程度により変動)

■静脈血栓症、肺梗塞などを防ぐため早期リハビリがよい

■手術後は翌日からベッド挙上・車いす移動、2日目から歩行開始、平均2週前後で退院という流れ。

 ※ご自宅に階段かあるか等の、環境によっても入院期間は変動。


先生のお話が終わったあとはみなさんで紅茶を頂きながらの交流の時間でした。新しい会員の方が加わり和やかな雰囲気の中、皆様の興味津々な様子が伺えました。

手術予定の方が瞳をキラキラさせて、指折り数えて待っていると話されました。今までの生活の困難さを感じる言葉ですね。

 

昨今、インターネットやテレビなどで情報は溢れ、いつでも手に入れることが可能ですが、

渥美先生の話を伺っていると、安易にインターネット上の情報を信じてはならない事をしみじみと感じました。

今回大変有意義な談話会だったと思います。

 

渥美先生が世界各国のドクターと交流を持たれているご様子や若かりし(?)頃の微笑ましいひとコマなども拝見させて頂き楽しい時間でしたね!

参加いただいた皆様、ありがとうございました。

第3回目は6月頃の予定です。

手術したてホヤホヤの方々のお話を聞きましょう!


参加者の方のご感想を一部紹介します!

●先生の貴重なお話、そして皆様の体験談を聞くことができて楽しい有意義な会でした、また宜しくお願い致します

 

●手術をして体調良くなった方の話も聞きましたが、私はまだまだ手術をしないで頑張りたいです。

 

●談話会に出席して、術後数年経つので、特に困った事はなかったのですが、会に参加して皆さんの色々な話を聞いて勉強になりました。渥美先生と身近にお話ができたのもありがたかったです。会を催して頂いて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

●ひとりで悩んでいたのですが、手術をされた方、これからされる方のお話を聞くことができ、今後の経過が分かり、少し勇気づけられました。

 

●会に出席出来て、大変感謝しております。先生と直接お話できて手術の説明等お聞きでき、手術をして頂く不安を取り除くことができました。又、皆様のお話をお聞きして安心でき、大変楽しく過ごさせて頂きました。

 

●どういった手術が行われるか理解できました。手術をすることはもう決まっていますが、分かって受けるのとは気持ちの上で全然違います。良い機会を設けて頂いて、ありがとうございました。